• HOME
  • D.Y.F.Cとは

フィッシング。それは、地球と、いのちと、触れあうスポーツ。子どもたちは、驚き、楽しみ、ときには失敗し、自然の豊かさといのちの大切さを体じゅうで学んでいきます。自分で考え、自分で工夫し、自分で動く。それが「釣る」ということ。自然を通して成長していく、大切な一歩です。新しい仲間と出会い、いっしょに上達していく。地球をフィールドにしたかけがいのない体験。その喜びを、子どもたちの人生で最も感性豊かなときに。地球を感じ、いのちと出会い、のびのび育つ。DAIWA YOUNG FISHING CLUB

地球を感じ、いのちと出会い、のびのび育つ。

MESSAGE VIDEO メッセージビデオ

MESSAGE VIDEO メッセージビデオ

MESSAGE VIDEO メッセージビデオ

D.Y.F.Cは、いよいよ40年

子どもたちの人生で最も感性豊かなときに、かけがえのない体験を。
そんな思いから、ダイワヤングフィッシングクラブは1976年に発足しました。

当時、題材とした異色なマンガが少年コミック誌に連載がはじまり、
たちまち一大ブームが起きました。それまで大人の趣味であった釣りが、
日本中の子どもたちに注目されることになりました。
この当時の会員の方々も、いまでは親世代。
これまで多くの方に支持され、40年を迎えることになりました。
「地球を感じ、いのちと出会い、のびのび育つ。」を合言葉に、
子ども一人ひとりのコミュニケーションを深め、
自然とふれ合い、いのちの尊さを知り、釣りの楽しさを体感できるよう、
貴重な時間を提供し続けてきました。
単に、釣りのスキルアップを図るのではなく、
「自分で考え、自分で工夫し、自分で動く」、
学校では学ぶことのない自然との対話を大切に、D.Y.F.Cは活動をして参ります。


  • メッセージ
  • OB・OG紹介

D.Y.F.Cの歴史

HISTORY

1976年

D.Y.F.C クラブ発足

少年漫画誌に掲載中の人気漫画「釣りキチ三平」をキャラクターに、全国の子どもたちに釣りの楽しさを知ってもらおうという趣旨のもとクラブが発足しました。
クラブ活動は年々幅を広げ、年4回発行される会報誌などが、当時は情報の少なかった子どもたちにとっての情報源になりました。

2005年

フィッシングスクールを中心に

「子どもたちと触れ合いながら釣りの楽しさを直接伝えていこう」と、新たな試みとして全国でフィッシングスクールを開催。
2005年に年間2回の開催でスタートしたフィッシングスクールも、年々開催数が増え続け、2009年にはインフルエンザの大流行で休止した年もありましたが、年間に約25回のスクールを全国各地で開校。子どもたちの豊かな未来へとつながる活動を継続することができました。

2014年

D.Y.F.Cオリジナルフローティングベストは安全の証し

D.Y.F.Cの理念に共感頂ける釣り施設と提携。より子どもたちが安心して釣りができる環境を整える活動を始めました。これからも釣り場との輪が広がっていきます。
そして、より安全に子どもたちに釣りを楽しんでもらうためにすべてのフィッシングスクールでフローティングベストを着用。本当に子どもたちにとって必要とされるフローティングベストをD.Y.F.Cオリジナルで整えました。

D.Y.F.C クラブ発足 フィッシングスクール開始 子ども用の新型フローティングベストの開発スタート ベースキャンプ設定

運営団体

社名
グローブライド株式会社(GLOBERIDE, Inc)
本社
東京都東久留米市前沢3丁目14番16号
設立
昭和33年7月29日
資本金
41億8,411万円
事業内容
釣用品、ゴルフ用品、テニス用品、サイクルスポーツ用品等の製造・販売
担当部署
D.Y.F.C担当部門 フィッシング営業本部 D.Y.F.Cチーム

D.Y.F.Cのの活動内容D.Y.F.Cのの活動内容D.Y.F.Cのの活動内容